ターグルリコイルテクニック

 カイロプラクティックをメジャーなものにした、B.J.パーマー(1881~1961年)によって、ターグルリコイルテクニックは開発されました。

 

 上部頚椎(頚椎1番と2番)の位置異常は、他の背骨よりも極めて影響力が大きい事を発見し、それを体系化したテクニックです。

 脳から全身に行き交う神経が、一番最初に妨害されるのが頚椎1番であるとして、神経機能は脳の出口から機能を低下させてしまうと、頚椎3番より下の骨は、どの様に歪曲していようとも、補正に過ぎないという考え方でした。

 勿論仮説だけではありません。当時、医学でも難病(当時の難病)症例を約5000件の多くを改善させていました。

 

 特にB.J.パーマーは、医師、看護師を雇い入れ「B.J.リサーチクリニック」を設立。検査に関しては全て医師に担当させ、この「ターグルリコイルテクニック(ホールインワンテクニック)」のみの治療で、どれだけレントゲン写真や、心電図、尿検査、血液検査の数値が改善するのかを検証。

 

 すると、投薬も一切行わずに「病気」すらも改善していたのです。当然これも医師の診断の元に出た結果です。

 

 最近では、シカゴ大学の医師とカイロプラクターが共同研究した論文によると、これらのアプローチによって、「高血圧が改善」されることが証明されました。

*効果的な傾向がある症状

・血圧異常

・睡眠障害

・脊柱全体の凝りや歪み

・生理痛の軽減

​・ホルモン異常​

・顎関節症や噛み合わせの異常

・眩暈や耳鳴り

・内臓機能の低下と亢進

*他のテクニックが有効な症状

・外反母趾

・手首の障害

・肘の障害

・四十肩、五十肩

・捻挫​

東京都渋谷区神宮前4丁目3-15(Googleマップ)東京セントラル表参道211

青山整体GEN流院/表参道駅徒歩2分

  • Twitter
  • ブラックInstagramのアイコン

青山整体
GEN流院

TEL 03-6804-3632

施術​料金:7000円~